久しぶりの更新

しばらくやる気を失ってました。

体重は、51.3㎏

運動は、してないまま

毎日をダラダラ生きてました。

月曜日断食ノート

というのを買ってみたのですが、書くというそれだけのことが凄いエネルギーに感じて

あすけんのアプリを再度ダウンロードして、記録を付け始めました。

今日で四日目

摂取したカロリーを見直すのは、良い事だと思います。

あと、お通じを記録できるのが嬉しい←チェックしたいと思ってたけど

よく忘れる。

 

 

月曜日の断食もスケジュールが落ち着いたらやってみたいです。

 

 

 

体重変わらず

今日は、早めに行動しよう
昨日、オーディブルでアンジェラ・ダックワース著の
『やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』
を聞き終わりました。


やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

この中に、グリットスケールというやり抜く力を調べる表があるのですが
なんと27でした。
とても、低い数値です。
今までやり抜いたことについて自己評価が低い人は、低めに出るだろうな
というのが私の印象でした。

結果として手の中に残ってる物のいくつか
資格とかキャリアとか実務経験とか
これは、やり抜いた結果にならないのかな?

これを認められないことが自分の自分への厳しさなのか
それとも自己肯定感の低さなのか

オーディブルのコインを何個か返品と新規の月が来たからとで二つ余らせて
何か新しい作品を聞いてみようと思います。

TEDで英語を勉強するというのも再開したいし
やりたいこといっぱいあるのに

このやる気の低さ!

やる気が上がる8つのスイッチ

やる気が上がる8つのスイッチ

という作品をダウンロードしました。
やる気出せ私

まだまだ人生あと40年以上あるぞ
沢山稼げ!私

「たった1分でできて、一生が変わる! 朝の習慣 PREMIUM」 佐藤伝著 を読みました!


たった1分でできて、一生が変わる! 朝の習慣 PREMIUM

今日は、図書館へ行きました。
本を借りようとしたら、GW前に借りた本が返せてなかった。
〇明日、返しに行くこと!というミッションが出来ました。

たった一分で出来る習慣ということで49の習慣の例があげられていましたが、
やってみたいと思ったことを幾つかピックアップしました。
それぞれのことには、意味があることなのですが、
それは、どんな意味があるのか、是非本を読んでみて下さい♪
1、窓を開ける
2、白湯を飲む
3、玄関を掃除する
4、空をみて、写真を撮る、余裕があれば、空の写真つきでこのブログを朝更新したいです。
朝日記つきで!
5、誰かに朝メッセージや手紙を書く(切手を貼った絵葉書を書くことを推奨してました。)
6、15分勉強する
7、立ったまま勉強するスタイル推奨でした。
タイマーを活用するのも推奨してました。

タニタ でか見えタイマー100分 ホワイト TD-384-WH

108円均一でオシャレなタイマーを買ってきたのに使いこなせてないので、活用したいです。
窓を開ける 1分
猫トイレを掃除する 3分
自分もトイレ行く 3分くらい?
顔を洗う 1分
お湯を沸かす 1分
瞑想する 5分
お白湯飲む 1分
3~5分玄関を掃除する。(タイマー起動)
空の写真を撮る 1分
朝日記ブログを更新する(タイマー起動 10分)
誰かにメッセージ書く(タイマー起動 10分)

ここまでで約41分か・・・

朝の勉強15分を入れると約一時間!
明日は、5時に起きよう!